恋愛

今日から私は小学生。

よし、いっぱい勉強がんばるぞ!

あ、私に始めて気になる人が出来た。

でも彼はなんだか少し、寂しそうな目をしている。

始めて彼の笑顔を見た。

凄く素敵で、心が少しキュンとした。

彼といろいろな時間を過ごした。

私は『好き』を確信した。

中学生になった。

やっぱりまだ彼を好きだった。

たまらず彼にアプローチした。

でも彼は全然私に振り向かなかった。

高校生になった。

やっぱりまだ彼を好きだった。

でも彼は他の女に振り向いた。

なんで?

どうして?

私はこんなに彼を好きなのに。

ムカつく。

彼はあんなに素敵な笑顔。

その笑顔は、私だけのものなのに。

他の男が告白してきた。

この男と付き合えば、もしかしたら彼が私を見てくれるかもしれない。

嫉妬。

してくれるかもしれない。

よし!

そうとなれば付き合ったと彼に報告しよう。

あれ?

おかしいな?

凄く喜ばれた。

祝福してくれた。

違う。

そうじゃない。

私が欲しいのは、それじゃない。

大学生になった。

でもやっぱり彼を好きだった。

やった!

どうやら、彼が女と別れたみたい。

彼に会った。

彼は凄く落ち込んでいた。

慰めた。

優しくした。

だって私に振り向いてくれるかもしれないから。

・・・私って、最低かな?

あぁ、始めて彼が私を抱いてくれた。

嬉しい。

気持ちい。

嬉しい。

幸せ。

でも、わかっていた。

彼の心は私にふりむいてないって・・・

あぁ、どうしたら振り向いてくれるかな?

あぁ、もう無理なのかな?

あぁ、もう死んじゃいたいな。

あれ?

なんだろう?

凄く痛い。

失敗した。

余計なことばかり考え過ぎた。

油断した。

あれ?彼がきた。

嬉しい。

あれ?彼が泣いている。

私の為に泣いている。

嬉しい。

彼の腕に抱かれてる。

嬉しい。

「ありがとう。ごめんね?」

彼が泣いている。

あぁ、なんだ。

私。

彼に大事にされていたんじゃないか。

それだけで幸せだったじゃないか。

もう少し早く、気づきたかったなぁ・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク