アスラン・ウェイバーの帰還 第7章 間一髪の交戦

巨大な戦艦へと変形した宇宙船は、左右に大きな発射口を備えていた。

「全弾発射!」

アスランがそういうと左右の大きな発射口から、青く輝く光線と小型ミサイル、大砲などの砲撃が次々と放たれる。

その攻撃の激しさと言えば、目の前を砲撃や、光線が埋め尽くす程で圧巻だった。

渡辺重蔵はアスランの戦いぶりを見て、やはりこの人も親衛隊の隊員なのだと息を呑んだ。深い人格、底知れぬ力。親衛隊の隊員にはそんな感覚を全員に感じる。

「・・・・・やったのか?」

恐る恐る重蔵がそう問いかけると、アスランはまだ緊張した表情で冷静に答える。

「そう簡単に終われば、いいんですけれどね。」

一頻り激しい攻撃が落ち着き、視界がはっきりとしてくると、目の前の宇宙船は見事に粉砕されていた。

アスランには慎重に警戒しているようだったが、重蔵はその光景だけを見て、一時戦いは決着したものだと勘違いした。しかし次の瞬間、中心部分からなにか黒い塊が膨れ上がるように広がり初め、大きなものへと変貌し始めた。

「不味いですね・・・・。」

アスラン・ウェイバーはそう言うと、もう一度床に手をかざし星のマークを光らせた。

そうすると戦艦のようになっていた宇宙船の装甲が、瞬時に消えるように元の白い箱のような形状に戻っていく。

「重蔵くん!しっかり捕まっていてくださいね!」

「え・・・うぇえ!!!!!」

アスランの言葉の後、急にかかった身が後ろに引っ張られるような感覚に、重蔵は上擦った声を出す。

宇宙船が発進した為に起きた事だが、どうやらその場から急速に離れようとしているようだ。

敵の宇宙船を破壊し中にいる人間は宇宙空間に投げ出されたはずだ。なのにも関わらずその場から離れなければならない理由、一体あそこで何が起きていると言うのだろうか?

重蔵がそう疑問を浮かべていると、それに答えるかのように人工知能LAIKUのアナウンスが入る。

『光線系、敵攻撃接近中。光線系、敵攻撃が接近中。』

「くっ!ライク!光速移動までの座標計算はまだですか!?」

『座標計算終了まで、後3秒です。』

ふと後ろを見ると、光り輝く何かが接近しているのだろう。光がどんどんと大きくなっているのが分かる。

『残り2秒。』

そんなLAIKUの言葉が、攻撃激突のカウントダウンに聞こえるようにもなって来た。

『1秒』

光はかなり大きく見えるようになり、その強く眩しい光は、まるで太陽が間近にあるかのようだった。

「やばい、やばい、やばい!!!」

重蔵からそんな声が漏れ、もう激突する。その瞬間、人工知能LAIKUの『0秒』の音声と共に、宇宙船が光速発進した。

アスラン・ウェイバーと渡辺重蔵は安堵したのか、2人してため息を合わせた。

光が放たれた場所では、光速でいなくなる宇宙船を見つめる者がいた。

アスランの攻撃によって粉砕した宇宙船を押しのけて、中心で堂々と存在する黒く大きなその者は、巨大で屈強な両翼を羽ばたかせた。

※お知らせ
次回以降は、間誕生説が終了しだい製作となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク