本藤水鳥②

撮影後SS

水鳥『ねー、本当にこの状態で撮るのー?』

和雅『当たり前だろう。』

水鳥『せめて、化粧くらい…』

和雅『ゆゆちゃん、例の物スタンバイしてて。』

ゆゆ『…はっ…はい…』

水鳥『れいのもの…?』

みみから情報を得ていた和雅に死角はなかった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク